ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

みんなどこか足りない

  〜 軽度発達障害をどう考えるか (2) 〜

水族館




どんな人でも学べますと言ってみると
本当にいろいろな人が教室に来ました
そしてはじめて自閉症の人にあいました

自閉症ということばは知っていましたが
どんな症状があるのも
どんなふうにつきあったら良いのかも
さっぱりわかりませんでした

それで本を読んだり
勉強会に参加したりしました

そして
あるお医者さんの
自閉症児の数だけ自閉症の症状があります」
ということばに救われました

なんだ
人はみんな違うのだから
その子だけ見て
自分のできることをすればいいのだ
とスッキリしたのです



読んだかいがあったなら
   ↓
↓↓ ポチっと