ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

軽度発達障害をどう考えるか(1)

道具


「弘法は筆を選ばず」
はウソでしょう
けれども
完全ではない道具にも
使い方はあるのです


学習障害とか
アスペルガー症候群とか
注意欠陥多動性障害など
軽度発達障害
話題になることがあります


「脳の中には心は見つかりません」
でもお話したように
心にとっての脳は
この世界を映し出す道具だろう
と私は思っています

脳がどのようにこの世界を映し
心に伝えているのかについては
ほとんど何もわかっていません

たしかにある心も
どんなものかわかっていません

軽度発達障害
脳の問題だといわれますが
脳と心のつながり方も
わかっていないので

その治療のほとんどは
「あてずっぽう」の部分がある
と感じています

「あたると有効」なのは
確かですが…


だから
○○障害だとか言われても
「ふーんそういう見方もあるのか」
と思いながらも

まずは
ありのままの脳の使い方を
工夫することだ

そう思います


読んだかいがあったなら
   ↓
↓↓ ポチっと