ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

友だちが人殺しでも、ぼくは恥ずかしくない

同級生が事件を起こしたので
恥ずかしいという生徒がいた。


同じ理屈で考えれば
あんな事故を起こした
東京電力がある日本人で
恥ずかしいということになる。
そこまでは、わからないでもない。


でも、その後で

「そんな生徒がいるのは許せない」

と言ったのが、
まったくわからなかった。



だって君だって
間違いを犯したことはあるでしょう?

生きている限り人間は、
次から次へと間違えるものだ。

間違えたら、
ごめんなさいと言って、
間違いをなおそうとする。
そうして人間は少しずつ賢くなっていく。



自分の中にも、
乱暴になったり、
ごまかしたりと
ずるいところも
悪いところもある



生活保護をもらうことを恥に思う人たちも、
生活保護をもらうことを責める人たちも、
ごまかして生活保護をもらう人たちも、
国の税金を使って
本当はとっくに倒産している
東京電力でもうけている人たちも、
オウム真理教の人たちも、
原発再稼動を進める人たちも、
明日にも原発を止めたい人たちも、


みんな、
ぼくと君と同じ日本人なのだ。