読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

夏も近づく八十八夜

今年はうるう年(2月29日がある年)なので、昨日の1日だが、例年の5月2日は八十八夜だ。旧暦では立春の日から数えて八十八日目のことで「もう霜がおりることは無い」という目印だったらしい。 ところが今年は、4月29日に北海道などで大雪が降った。…

人に頼るな任せるな 自分で確認安全作業

かつて5月は「原子力エネルギー安全月間」だったようです。 経済産業省に推進委員会があり、ポスターを作ったりしていたとのことです。⇒ くわしくはコチラで と言っても経済産業省のサイトには記述も残っていません。 東京電力のサイトには次のようなページ…

戦後日本はずっと戦争に加わってきたのです

1975年4月30日、ベトナム共和国(南ベトナム)の首都サイゴン(現ホーチミン市)が、南ベトナム民族解放戦線の攻撃により陥落しました。その後、南北に分断されていたベトナムは、ベトナム社会主義共和国というひとつの国になりました。 第二次世界大…

「私」という言葉の二重性

4月29日は昭和天皇の誕生日です。私の人生は、まだ平成より昭和の方が長いので「昭和の日」より「天皇誕生日」の方がしっくり来るのですが、今の天皇誕生日は12月23日ですからね。 昭和天皇は、日本国が満州事変を始めたときの天皇ですから、戦争と平…

ドイツワインを飲んでみよう

今日は4月28日。ドイツワインの日だそうです。決めたのは日本ドイツワイン協会連合会。ドイツワインを英語で表すと German Wine で Golden Week の頭文字と一緒になる。そこで、ゴールデンウィークの前日である今日を「ドイツワインの日」としたのだそう…

悪法も法なり

今日は4月27日。紀元前399年にギリシャの哲学者ソクラテスが亡くなった日です。 って、そんな昔の日付は信用できるのかという問題はさておき、ソクラテスさんはドクニンジンを飲んで自殺しました。その理由は「死刑判決を受けたから」だそうです。 別…

分かっても出来ないことがあります

クレージーキャッツの「スーダラ節」ってご存知ですか? 1961年発売のレコードですから、今からちょうど55年前ですね。 歌っているのは、今は亡き植木等さん。 この歌の歌詞で、私が一番印象に残っているのはわかっちゃいるけどやめられないというとこ…

今日は良い風呂の日

今日は4月26日。語呂合わせで「ヨイフロ」の日だ。 昨年の秋、「まなびば」のある東京都国立市には、昔ながらの銭湯は1軒しかなくなってしまった。国立温泉「湯楽(ゆら)の里」というスーパー銭湯はあるが、お値段も倍近いし、銭湯ではなく温泉だ。 た…

宿題を完璧に仕上げてはいけない

学校の宿題でも、仕事上の課題でも「全部出来てしまった」とすると、それは大問題です。どんな課題でもより深く追求することはいくらでもあるからです。 今日は、古人の教えから考えてみましょう。 論語の中に 知之為知之、不知為不知。是知也。 という言葉…

英語では文字の「名前」と「読み方」は違います

日本語のひらがなとカタカナは、文字の名前と読み方は同じです。「あ」の字の名前も読み方も「あ」ですよね。 でも英語のアルファベットでは、文字の名前と読み方は違います。a の名前は「エィ」ですが、読み方は日本語の「エ」という口の形で「ア」と言うと…

8歳までなら、発達障害を克服できる可能性が高いという人がいました

ホンマでっか!?TVに出ている脳科学者の澤口俊之さんの本「発達障害の改善と予防」を読みました。テレビでちょっとやばい雰囲気を感じていましたが、この本の内容はなかなか興味深いものでした。 注意欠陥多動性障害(ADHD)・自閉症スペクトラム・学習障害を…

フォニックスを身につけよう

私は高校生の頃、英語が大嫌いでした。 特に英単語を覚えるのが嫌いでした。単語の意味と発音とつづりをまとめて覚えるのが苦痛でした。何しろ「英語のつづりと発音の間にはつながりがない」と思っていたので本当にイヤでした。 ところが大人になってから「…

言霊

私は言霊についていろいろと語る人が好きになれません。 この世界を動かしている不思議な力(スターウォーズの世界で言えばフォースのような)があることは実感しています。その不思議が言葉にこもっているとは感じられないのです。 「赤」とは何かで考える …

サイレントマジョリティーって

君は君らしく生きて行く自由があるんだ 大人たちに支配されるな と歌い踊る欅坂46が 似たような服を着て 似たような表情で 大人たちに支配されて 売り出されていることに ものすごく違和感がある私だ 今日の日本では 言ってることとやってることがちぐはぐ…

アントロポゾフィー

哲学者・教育者・神秘思想家としてドイツで活躍したルドルフ・シュタイナー(Rudolf Steiner、1861年2月27日生 1925年3月30日没)が提唱した思想体系のことをアントロポゾフィーといいます。日本にもアントロポゾフィー協会という集まりがあり、今も脈々と生…

完璧な宿題?

あるお母さんに「『お子さんに、宿題を完璧にさせてください』と学校の先生に言われて困った」という話を聞いて驚いた。どうしたら完璧なのか、お母さんがまったく分かっていなかった事にではない。先生の頭の中に「完璧な宿題」なる概念があることにだ。 宿…

アナフィラキシーショック

「九州大震災でアレルギーの人が困っている」という内容のニュースを見た。 そこでアナフィラキシーショックという言葉を、何ヶ月目かに聞いた。意味はほぼ分かっているのだが、ちょこっと調べてみた。 まず「穴ふぃら木シー(パソコンで変換したら最初はこ…

約束を守っていないのは、あなたかもしれません

まなびばでは教室に来る日と時間を約束していますでも風邪を引いたり用事が出来たりして来られない場合はご本人が電話をすれば変更できるようにしていますその変更はスッと出きることもあればなかなか出来ないこともありますまなびばは単なるサービス業では…

お子さんの鉛筆の持ち方はいかがですか?

最近の子どもたちは (ひょっとしたら大人も) 不思議な鉛筆の持ち方をする人が多いです 良くあんな持ち方で 字が書けるなぁと感心する一方で やっぱり不自由そうだし 字も歪みがちです そこで 私なりの鉛筆の持ち方をまとめてみました 実は 鉛筆がきれいに…

豊臣秀吉の字に学ぶ

豊臣秀吉の字の評価は いろいろのようです 達筆だと言う人もいれば 誤字脱字だらけで文も変だ と言う人もいます でもぼくはなかなか良い字だ と思います そして学ぶことも 多いと思っています もう少しくわしく ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ http://manabiba.com/index.…

少しずつ親になるのです

子どもの頃私は父親を尊敬していましたもちろん今でも逆立ちしても敵わないことが山のようにありますでも私の目から見てもまだまだだなぁと思えることもあります今でも尊敬していますが弱さも知っていますどんな人でも生まれつき親になれるのではなく親にな…

読み書き計算は「学び」の道具だ

畑仕事に行くのにハイヒールを履いていったり鍬もスコップも持っていかない人はいないでしょう?道具無しでは人間としては働けませんところが読み書き計算が道具になっていないまま中学や高校に進学する人は少なくありません文章題の意味は分かっていて何と…

学ぶ力をつちかう都道府県と県庁所在地を覚えるコツ

学校の勉強では いろいろなことを覚えることが求められます 覚え方にはいろいろあるのですが 私がおすすめしている覚え方は 「学ぶ力」をつちかう覚え方です 語呂合わせや繰り返しも 悪くはないのですが あまりにもさびしい作業だと 私は考えています くわし…

母と子のルビコン川

いつまでも子どもだと思っていたけど 「最近ずいぶん生意気になった」 「家族よりお友だちを大事にするようになった」 「親の話をまじめに聞かない」 といったことはありませんか? 実はそれは とてもおめでたい出来事であり お子さんの成長の証なのです も…

専門家でも正しいとは限りません

何かを学ぶとき 先生を一人に絞りこまない方が いいでしょう どんなに立派な先生でも 一人の人間ですから 見えないこともあれば 勘違いしていることもあるのです 何人かの先生に聞いて 意見が対立して困ったら エイヤっと 自分で決めればいいのです もう少し…

集中力とがんばること【用語解説】

がんばることやがんばらせることが好きな人は少なくありませんでも実はがんばろうとしているとするべきことに集中できていることはめったにありませんなぜなら がんばることに集中してしまうからです。 ⇒ もう少しくわしく

人間が記憶するということ

コンピュータには、記憶する装置がついています。たとえば、この文章を入力して「保存する」と指示を出せば、名前をつけて、そのまま覚えてしまいます。 つけた名前を使って「開く」という指示を出せば、そのままの文章を引っ張り出してきます。壊れたり、電…

学び方の方が 結果よりも 大事なのです

あなたはお子さんに 「どうして勉強しなくちゃならないの?」と聞かれたときどう答えますか? テストがあるからですか?私は違うと思っています。 ⇒ もう少しくわしく

わからない発音を聞くことができるページ

今日は英語の勉強に参考になるだろうある電網(ネット)のページのご紹介です英語を自分で勉強しているときによく困ることの一つは単語の発音の仕方がわからないことではないでしょうか?日本の英和辞典を引けばほぼ間違いなく発音記号が載っていますでも発…

まなびばの学び始めは…

何から学び始めるのか?「まなびばの柱はプリント学習だ」とうかがいましたが、どうしてプリントなのですか?学校やたいていの学習塾では、教科書やテキストで学びます。しかも、いつ何を学ぶのかは、学校やクラスによって決まっています。でも、その内容が…

宿題は言われた通りにできないのが普通です

あなたは自分のお子さんに、学校の宿題は全部させなければならないとお考えですか?だとすれば、その考え方こそがあなたが宿題で悩む根本原因かもしれません。お子さんによって、通われている学校によって、あるいは受け持ちの先生によっても問題はさまざま…

どうして受験勉強をするのか

中3のK君のお母さんに「先生は、子どもに『こんな勉強何の役に立つんだ?』と聞かれたら、どう答えますか?」と聞かれました。「お子さんはどんな風に聞かれたんですか?」と聞き直したら「『高校なんか、入れるところに入ればいいんだから、受験勉強なん…

人によって難しさは違う

このブログを 宿題をなかなか始めない理由 から読み始めて、次の記事を読まれた方は、「なんだ解決する方法が書いてないじゃないか!」 と思われたことでしょう。もちろん、すぐに解決する方法はあるにはあります。が、結論だけ先に書くと 「そんな馬鹿な!…

宿題は 並盛の牛丼しかない吉野家に似ている

つるしの背広ってご存知ですか?いわゆる既製服です。すでに作ってある背広が何種類もつるしてあって、その中から選んでスーツを買うのです。実は私、足も手もかなり短いのに座高が結構あるし、お腹も少なからず出ているので、つるしの背広を買うと、すそ上…

宿題をなかなか始めない理由

私は、学習塾を主宰しているので、学校の宿題について相談されることがよくあります。その中でもダントツの相談は 家に帰ってきても 学校の宿題をなかなか始めないでしょう。なだめても、すかしても、宿題を始めないので、横について一緒にやる。すると次の…

過ちて改めざるを、是過ちという

人間は完璧ではないのでどんなことをしていても間違ったり失敗したりするものですだから間違ったり失敗したりすることすなわち「過ち」は何も悪いことではありません問題は「過ちだ」と分かっていることをそのままにしていることですそれは何も大人だけの話…

宿題で困っていませんか?

10月3日(土)〜7日(水)の間くにたちの有志のお店が集まって「一見さんいらっしゃ〜い」という企画があります。ことしの3月から始めた「くにたち散歩」の3回目です。くにたち散歩のページは ⇒ コチラまなびばでは二つの企画を行います。一つ目は10…

まなびばには時間割はありません

まなびばは365日学べて月謝は一律で時間割のない学習塾です教室に通うのは原則は週に1回ですとはいっても二週間に一回しか教室に来ない生徒もいます週に二回・三回と通いつめる生徒もいます教室に来る回数と時間は生徒さん一人ひとりと相談して決めます…

早いほうがいい 遅くても大丈夫

どんなことでも 覚えることはできます子どもの限らず大人でも知らなかったことを時として覚えなければならないことがありますそして残念なことに覚えるのが得意な人と得意ではない人がいます先日もある生徒さんに年号とかを覚えるのが苦手なんですがどうすれ…

間違えたって 大丈夫

できないことがあるから 自信は大きく育てられる先月からまなびばで学び始めたAちゃん(中2)はいま算数で奮闘中です中学生なのに算数?と思われるかもしれませんがまなびばでは小中学生はもちろん高校生でも大人でも算数の計算力のチェックをしますAちゃ…

学ぶという儀式

私ができるだけ多くの人に学んで欲しいと考えているのは算数・数学の計算プリントです少しずつむずかしくなっていって自然に力がついていくように作りましたそう言うと多くの人が「公文式」を思い浮かべるようです公文の算数プリントとまなびばの算数プリン…

見えないへその緒が切れる前に

どんな人でもかつてはお母さんとつながっていました生まれるときにへその緒を切られて人は一人の人になりますけれどもそれからしばらくの間は見えないへその緒がつながっているようですお母さんが悲しくなれば子どもは悲しくなりお母さんが楽しくなれば子ど…

答え合わせはむずかしいのです

小学校でも自分で答え合わせをすることはほとんどないのでしょう答え合わせはそれほど簡単ではありません自分の解答と答えを見比べることも子どもたちにとってはかなりむずかしいことのようですそもそもできた問題なら自分の答えは正しいと思っているのでミ…

自分で答え合わせをします

まなびばでは学習し終わったプリントは自分で答え合わせをします 答えを渡したら 丸写しするに決まっているなどという人がいますがそれも悪くはありません最初は答えを写すことも大事な学習だからです答えを見てできるようになったら答えを見ないでもできる…

少しはズレても大丈夫

点線をずれないようになぞるというだけのことでも完璧をめざすと簡単なことではありませんデッサンの練習でも直線が引けないことで悩む人もいるくらいですですからまなびばでは 「1ミリくらいならいいよ」ということにしていますもちろんモノサシをあててズ…

ルールは守れない

数字の練習は点線をなぞることからはじめます最初から最後まで点線からズレないでなぞることがルールですでもやってみると大人でもなかなかうまくはできません制限時間があるからです制限時間内でほとんどずれないで最後までなぞることができれば次のプリン…

それでも 1+1=2 なのです

昨日も書きましたが1+1=2 は怪しいのです大豆1カップと小豆1カップを合わせれば絶対に2カップにはなりません粒の大きさが違うのでお互いに入り込んで少しカサがへるのですでももちろんまなびばのプリントでも1+1=2なら ○ をつけます1+1= わ…

ほとんどの 1+1=2 は怪しいのです

1+1=2というのは計算上のルールです2+1=3もまたルールです1 2 3 4と順番に並んでいる数 (数学では自然数といいますが)の次の数を +1 で表すというのがたし算のひとつのルールなのですルールというのは人間が決めたものですからできごとと…

あけまして おめでとうございます

これは昨年暮れにあわてて作った年賀状です実はまだ誰にも出していません1月4日くらいから書く予定です…

ブックレットにのる記事の内容

昨日ご紹介した記事の内容は次のようなものです * * *1+1=2じゃない、を学ぶ塾。指導法がユニークな個別指導の学習塾。算数、数学、国語、英語のプリントを毎日1枚、時間を計って学習し、自分で採点し記録表につける。その結果のチェックに週1回教室に…