読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

集中力・処理能力・判断力を鍛えるおかだ式

開発者=岡田康之(おかだやすゆき)のつぶやき

新聞の見出しをまんべんなく読むと世の中が動いて見えてくる

座間宮ガレイ氏の新聞読み方の講座に参加してから10日。ほぼ毎日2紙の新聞に目を通してきました。所要時間は20分前後。なんだか世の中が動いて見えてきたから不思議です。

例えば、本日の日経新聞の見出しから、独断でリストアップすると

  • 国際の話題
    • トランプ大統領就任へ
      • ツィッターのフォロワー増
      • (安倍)首相が祝電
    • 中国成長目標「6.5%前後」
    • フィリピン中央銀行 出稼ぎ労働者の送金急増
    • 米大統領選後、日米の株式 金融・半導体に資金流入
  • 外交の話題
    • 日米韓がミサイル探知訓練
    • 沖縄の米軍ヘリ 農道に不時着
  • 内政の話題
    • 衆院解散「秋ではないか」 自民党参院幹事長
    • 文科省天下り 早大総長が謝罪 便宜期待はない
    • 前文科次官、会見せず去る
    • 結婚 女性も18歳からに
    • すべての公金支出 都、9月から公開
  • 経済の話題
    • 中国・ASEAN向け家電開発 シャープ 深圳に拠点
    • 東芝半導体支援 キャノンも検討 ファンドなど名乗り
    • 日産・ゴーン社長 米への投資先に考える
    • 大卒内定率 最高の85% 昨年12月時点 19年ぶり更新
    • 百貨店6兆円割れ 昨年売上高 36年ぶり 衣料品低迷
    • タバコ販売本数 12月は6.2%減少

といった感じになります。

もちろんもっとたくさんの記事を読んでいます。そして、選んだ記事の中にも、座間宮流の新聞お読み方を知る前には、絶対に目に入らなかったニュースがいくつかあります。

  *   *   *   *

テレビなんかを観ていると、トランプ大統領就任のお祝いとでも一色で、添え物にテニスやジャンブやお相撲の話題が乗っかるくらいの印象なんではないでしょうか?

それがこの見出しだけでも、世の中いろんなことが動いている感じがしません?

一紙を読むだけなら本当に15分位でだいたい目が通せます。

新聞の読み方講座を企画中です。

お楽しみに。